福賀エリアの見所長沢(ながさわ)の池

文武を兼ね備えた中国随一の名将として知られた益田越中守元祥が、慶長7年(1602)、領内に不毛の地があるのを嘆き、水田開発のため、灌漑用水池として築いたものです。

まちで暮らす

町内のみなさまへ

まちを知る

町外のみなさまへ