阿武町 阿武町  今日は何の日? 大正12年1月7日 郷土の偉人、日本近代捕鯨の父 岡十郎氏死去  トップページへ
今日は何の日? 大正12年1月7日 郷土の偉人、日本近代捕鯨の父 岡十郎氏死去 
山口新聞 今日の歴史のコーナーから
ちょコラ

1923(大正12)年、日本捕鯨界の功労者、岡十郎が死去した。享年54。1899(明治32)年に日本遠洋漁業を設立。ノルウェー式捕鯨法で発展させ、日本海から太平洋へ進出した。クジラ保存にも熱心だった。 


近代捕鯨の父 岡十郎 明治3年(1870)〜大正12年(1923)

明治3年(1870)、阿武郡奈古浦(現・阿武町奈古)の西村家に生まれ、のちに福栄村(現・萩市)福井の岡家の養子となりました。両家とも代々酒造業を営む地元の名家で、十郎は萩中学から慶應義塾で学んだ後に帰郷。家業の酒造業を営む傍ら、県議会議員を務めました。
明治20年代後半、ロシアが韓国を基地に日本海でノルウェー式捕鯨をはじめ、長州の沿岸捕鯨が衰退の一途をたどっていることを危惧した十郎は、長州捕鯨の再興を目指して県議会議員を辞職。ノルウェー視察に旅経つ一方で、同じく捕鯨の近代化を目指していた山田桃作(長門市三隅出身)と明治32年(1899)に日本遠洋漁業株式会社を設立。長門市仙崎に本社、下関市岬之町に出張所を置き、機械船によるノルウェー式捕鯨を創始しました。(追記 この会社は現在の日本水産蝓
日露戦争後は、韓海捕鯨を独占して太平洋にも進出し、日本の近代化捕鯨の発展に大きく貢献しました。大正12年(1923)には多年の功績により緑綬褒章を授与。また、十郎と桃作の業績をたたえる顕彰碑が下関市の日和山公園に建てられています。


原文 山口県の観光ホームページ おいでませ山口より http://www.oidemase.or.jp/db/a/detail.php?city=35502&id_num=35502aa0000016056&mapon=1

関連記事 下関市のホームページ http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kyoiku/shidoka/hurusato/www98/i2_hoge2.htm

 

 
 
 

阿武町役場

〒759-3622山口県阿武郡阿武町大字奈古2636番地
TEL08388-2-3111 FAX08388-2-2090
Email:kikaku@town.abu.lg.jp